千葉県千葉市 旧検見川無線送信所
利活用に関する地域住民WS

千葉県千葉市花見川区に約100年前に建設された本施設。元は中学校用地として解体され、活用される予定だったものの、解体が中止され遊休施設になってしまっていた。地域からは薄気味悪い場所として認知されていたが、この地域のシンボルになるような施設に。地域の歴史調査や住民参加型のワークショップの開催など、地域住民に寄り添ったブランディングを進めている。

弊社は、住民ワークショップにおけるグラフィックレコーディングのグラフィッカーのアサインや映像/写真撮影などから、地域住民が描く「この場所」の価値を再編集し、ポジティブな価値に変える仕掛けを行っている。