山梨県山梨市 山梨ふるさと進行機構 様

第三、四回 山梨ふるさと料理コンテストの制作及び運営を弊社で実施。
第一、二回についても弊社代表が法人化前に担当し、行っていたことを受け、本イベントの趣旨を十分理解した上で企画を行った。特産品である葡萄を用いた新たな料理を開発することを目的としたイベントとして「料理コンテスト」を企画。書類選考を勝ち上がった4団体が山梨市に集まり、実際に調理を行い、グランプリを決定した。

地域に関わっていく「関係人口」の観点を大切にし、料理コンテストファイナリストには前日に当日使用するフルーツを提供してくださる農家さんのもとへの訪問をアレンジ。作り手の顔を知った上で、地域の次なる商品を創り出す。そんなイベントになった。実際にグランプリを受賞したメニューは、弊社サポートのもと、商品化を行った。その後、テストマーケティングとして、農林水産省主催 JAPAN HARVEST 2018 にてキッチンカーで販売を行い、見事予定数を完売させた。
Categories: イベント

0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です